GAOMON(ガオモン)ってどう?WACOMやXP-Penのペンタブ・液タブと比較!

ペンタブレットと液晶タブレットのメーカーに「GAOMON(ガオモン)」というメーカーがあります。
主に Amazonで販売されていますね!
GAOMONはどんなメーカーで、製品は良いのかをWACOMやXP-Penと比較することで検証していきます。

ペンタブや液タブを買うときのよくある悩みで、

「本当はWACOMが欲しいけど高いから他のメーカーで探そう、、
XP-PENにHUIONか、、あれ、GAOMONってなんだろ?」


っていう感じで見つける人が多いのではないでしょうか。

GAOMONとWACOMの比較、始めていきましょう。
※この記事の価格表記は2020年3月時点でのAmazon価格です。

そもそもGAOMONとはどんな企業なのか

GAOMONの正式名称は「GAOMON TECHNOLOGY CORPORATION(ガオモン テクノロジー コーポレーション)」です。
中国のハイテク企業で、2016年9月以降に市場が拡大。
主な製品は、ペンタブレット・液晶タブレットなどの手書き入力機器であり、コアテクノロジーを独自に研究開発しているとのことです。
公式サイトにある原文の翻訳は以下の通りです。

GAOMON TECHNOLOGY CORPORATIONは、アニメーション製品や手書き入力デジタイザー製品などのコアテクノロジーを独自に研究開発することで知られる中国のハイテク企業です。GAOMONの主な製品ラインには、USBペンタブレット、ワイヤレスペンタブレット、署名パッド、ペンタブレットモニター、LEDトレースボードが含まれます。

グラフィックタブレット製品の成功したラインのおかげで、GAOMONは2011年から中国の現地市場で有名な開発者になりました

GAOMONは2016年9月以降他の市場に拡大しました。 2016年9月7日にAmazonで販売されたGAOMON S56Kの発売。今後ますます多くのGAOMON製品が国際市場に参入します。

GAOMON公式サイトより ( https://www.gaomon.net/ )

GAOMONの製品ラインナップ

GAOMONの製品は大きく分類して次の4種類です。

  • ペンタブレット
  • 液晶タブレット
  • LEDライトパッド(トレース台)
  • その他アクセサリー類

トレース台を出しているところを見ると本当に描画ツールに特化したメーカーというイメージで好感を持てます。
今回はペンタブレットと液晶タブレットだけに注目します。

ペンタブレット(板タブ)は4種類

製品型番描画領域ボタン数ペン価格
PenTablet S620 約7.6インチ 4個 充電不要 | 感度8192 ¥3,796
PenTablet M10K 2018 約11インチ 11個+スクロール 充電不要 | 感度8192 ¥6,959
PenTablet M106K 約11インチ 12個 充電式|感度2048 ¥6,499
PenTablet S56K 約7.8インチ 無し 単4電池 |感度2048 販売終了?

選択肢に入るのは上の2つ、「PenTablet S620」と「PenTablet M10K 2018」だけですね。
ペンタブのラインナップは少ないと言えるでしょう。

液晶タブレットは5種類

製品型番画面サイズペン価格
PD156 PRO 15.6インチ 電源不要 |感度8192 ¥39,999
PD2200 21.5インチ 電源不要 |感度8192 ¥43,999
PD1561 15.6インチ 電源不要 |感度8192 ¥36,999
PD1161 11.6インチ 電源不要 |感度8192 ¥21,999
PD1560 15.6インチ 充電式 |感度8192 ¥28,999

液タブに関しても選択肢に入るのは上の2つ、「PD156 PRO」と「PD2200」ですね。15.6インチか22インチかの2択と考えて良いでしょう。

ペンタブ・液タブ共にランナップは少ないです。
WACOMは当然のこと、XP-PENやHUIONと比べても実質的な選択肢が非常に少ないです。
売れ筋スペックの製品だけ出してるという印象ですね。

それでは、これらの製品をWACOMやXP-Penと比較していきましょう。

GAOMON製品とWACOM製品のスペック比較

近いスペック(クラス)の製品同士をメーカーごとに比較してみます。
サイズが近いことを最も重視しています。

●ペンタブレット(11インチ)の製品比較

GAOMON PenTablet M10K 2018|¥6,959

Wacom Intuos Pro Medium|¥35,985

一目瞭然ですがGAOMONはとにかく安いですね。
サイズは同じなのにこれだけ安ければGAOMONが良いとなりそうですが、
その他の違いは沢山あります。

以下はWACOMの有利な点です。
■無線接続( Bluetooth接続 )ができる。
ワイヤレスで使えるとなると使用環境が大幅に変化しますね。
■タッチ入力ができる。
描画領域を指でタッチすることで操作ができます。
絵をかきながら指で拡大したり縮小するなどの操作ができ、こちらも作業方法が大きく変わる要素ですね。
■WACOMのドライバやブランド・信頼性がある。
商品そのものではありませんが重要なポイントです。

ドライバ…製品をパソコンに認識させたり、設定をするソフトウェアで、メーカーごとに固有のものになります。このソフトウェアの品質も使い勝手に大きく影響します。

●液晶タブレット(15.6インチ)の製品比較

GAOMON PenDisplay PD156 PRO|¥39,999

Wacom Cintiq 16|¥66,420

ここでの価格差は2万程度で、極端な差はありません。
ただし、WACOMのCintiq16はWACOMの中での廉価版になります。

性能面に関しても極端な差は無いので、ドライバやブランドを気にせず価格だけで決めるならGAOMONを選ぶのも良いと思います。

●液晶タブレット(22インチ)の製品比較

GAOMON PenDisplay PD2200|¥43,999

Wacom Cintiq 22|¥106,200

22インチになると価格差が大きくなります。倍額ですね。
そのうえWACOMのCintiq 22はWACOMの中で廉価版です。
いかにWACOM製品が高いかが判りますね。

どうしても22インチというサイズが欲しくて、でも10万は出せないとなると、十分にGAOMONという選択肢が出てきます。

もちろん、先ほど同様にドライバやペンなど全体の品質や信頼性に関してはWACOMは絶対的なものです。

XP-PenやHUIONの製品との比較

GAOMONとWACOMの比較では価格も性能もブランドも差が大きいので、
とにかく安く買いたいならGAOMON
良いものが欲しいならWACOM
というシンプルな選択基準で良いと思います。

ただ、XP-PenやHuionの同じく安いメーカー同士で比べるとどうでしょうか。
15.6インチの液晶タブレットを並べてみましょう。

このように見るとあまり差がありませんね。
しかし、この中ではXP-Penの製品は新しいラインナップになっています。
日々進化しますから、できるだけ新しいものがいいですね。

WACOMの上位モデルと同等に製品は他のメーカーには無い。

ペンタブや液タブの安いメーカーは色々とありますが、
WACOMの上位モデルの製品だけは、同じようなものは他のメーカーにありません。

そのため、プロとして仕事に使ったり、本格的に費用をかけて良いものが欲しいという場合には絶対にWACOMがお勧めです。

例えば以下のような製品ですね。

是非ご検討してみてください。

この記事をシェアする

  • Twitterにシェア
  • facebookにシェア
  • LINEにシェア
  • POCKETにシェア