PS5にも最適なおすすめモニター【4K、120Hz、HDR】

PlayStation5(以下PS5)に最適なモニターをご紹介します。

今やPCモニターは、仕事・映画鑑賞・ゲーム・動画など様々な用途に使われていて、テレビに代わる存在にすらなってきています。

そんな中、PS5の発売によってモニターに求められる性能も上がりました。

PS5を買う人ならもちろんのこと、そうでない人も今買うならこれがおすすめというモニターをご紹介します。

※PS5専用にモニターを選ぶというより、色々な目的があってモニターを買うけど今買うならPS5にも適したものを選びたい、という方に特におすすめです。

PlayStation5のスペックを確認しよう

PS5公式サイトより引用

PS5公式サイトある記載からモニター選びに重要なポイントは次のことです。

  • 4K対応、(8K出力対応)
  • 120fps,120Hz出力
  • HDR対応

端的に言うと、『PS5は解像度4K・フレームレート120fps(120Hz)』である、ということです。
※スペックの意味は後述します。

ちなみにですが、PS5の”8K出力対応”というのは、あくまで「出力対応」という意味で純粋な8K解像度の映像データを出力しているわけではなく、8Kのデータとして出力できる、つまり8K解像度のモニターやテレビに表示ができる、という意味のようです。

これまでのPS4やSwitchはFullHD・60Hz

PS4Nintendo Switchのスペックは、次の通りです。

・解像度:1920×1080(FullHD)
・フレームレート:60fps(60Hz)(1秒間に60コマ)

これに対しPS5のスペックはどちらも上です。
PS5の性能を存分に発揮するためには、4K・120fpsに対応したモニターが必要ということになります。

これまで販売されてきた多くのモニターがFullHD(1920×1080)で約60Hzというスペックなので、もし今買い替えるなら4K・120Hzのものを選べば時代に合っていると言えるでしょう。

モニターの性能についての知識

PS5が今までのゲーム機よりもスペックが高く、その性能を発揮するにはこれに対応したモニターが必要であることを説明しました。

次に、モニターの性能についての知識を解説していきます。

解像度

モニターにおける解像度とは、画面を構成する画素(点)の数です。
FullHDであれば画素が横1920個×縦1080個あることになります。
4KはFullHDの4倍なので3,840×2,160です。

PS5が4Kに対応しているということは、画素数3,840×2,160の映像を出力しているということであり、表示するモニターの画素数がそれ以下であれば4K本来の映像を見ることができません。

リフレッシュレート(走査周波数)とフレームレート(fps)

リフレッシュレート(走査周波数)とは、モニターが1秒間に何回表示を更新するかの値です。60Hzなら60回、120Hzなら120回更新します。
モニターは常にパラパラ漫画の様に表示を切り替えることで映像を表現しています。リフレッシュレートの数値が高いほど滑らかで美しい映像になります。

フレームレート(fps)とは、映像データやゲーム映像が1秒間に何コマ出力されているかを表した値です。PS5は120fpsですから、モニターが120Hz以下の場合にはPS5本来の1秒間120コマという映像を発揮できないことになります。

応答速度

応答速度とは、モニターが表示を更新するときの速度です。先ほどのリフレッシュレートで1秒間に60回とか120回更新する話をしましたが、その1回1回の更新速度で、単位はms(ミリ秒)で表示されます(例:2ms=2/1000秒=0.002秒)。これが早いほど滑らかで綺麗な映像になります。

モニターのスペックで、応答速度の表記は2種類あります。
応答速度とだけ書いてある場合には「白→黒」「黒→白」という極端から極端への変化の数値です。
もう1つ、GTG・グレー→グレーなどと書かれている場合は、「中間色→中間色」の色変化の場合の数値です。
GtoGの方が速度が速く、現実的な数値になります。(白→黒という極端な変化は実際にはあまり無いため)

また、GTG以外にもMPRT(Moving Picture Response Timeの略)という指標があり、これはモニターの変化を実際にカメラで測定した値です。

実際の数値としては以下の数値を指標として考えられます。

リフレッシュレートと応答速度の細かい計算

リフレッシュレート(Hz)と応答速度(ms)の関係を計算してみるとさらに深く理解ができます。

例えば、リフレッシュレートが120Hzのモニターがあるとします。これの場合、1秒間に120回画面の表示が更新されます。
1秒間に120回ということは、1回の画面更新に0.00833…秒かかります(0.008と考えます)。
0.008秒は8/1000秒=8msという計算になります。

つまり、リフレッシュレート120Hzのモニターは応答速度が8msより早い必要があることになります。
もし8msより遅ければ、1秒間にリフレッシュレートとしては120回更新されるけれど、応答速度がそれに追いつかないことになってしまいます。

リフレッシュレートが高ければ応答速度も高い必要があるということです。
とはいえ、自分で計算する必要は無く、そのような製品になっているので安心してください。

液晶パネルの種類

液晶パネルには種類があり、現在販売されているものではTNパネル・IPSパネル・VAパネルの3種類があります。

TNパネルは価格が安く応答速度が速いという特性がありますが、デメリットとして視野角が狭く、少し違う角度から見ると色が変化してしまします。
IPSパネル・VAパネルはTNに比べて価格が高くなりますが視野角が広く色の変化が少ないです。

この記事でおすすめするモニターは、冒頭でも申し上げたように様々な用途で使う前提でPS5にも最適なものです。そのような意味ではTNパネルの視野角が狭いというのは大きな欠点になると思いますのでIPSパネルかVAパネルの製品をおすすめします。

4K & 120Hzのおすすめモニター

ここからは具体的におすすめのモニターを紹介していきます。

解像度4Kとリフレッシュレート120Hz以上を両方満たすモニターは機種が少なく、また高価なものになってきます。

ASUS ROG SWIFT PG27UQ

型番ROG SWIFT PG27UQ
液晶パネル量子ドットIPSディスプレイ
サイズ27型 16:9
解像度3,840×2,160(4K)
リフレッシュレート144Hz
応答速度4ms (GTG)

LG 27GN950-B

型番27GN950-B
液晶パネルIPS
サイズ27型 16:9
解像度3,840×2,160(4K)
リフレッシュレート144Hz
応答速度1ms(GTG)

120Hz以上(4Kではない)のおすすめモニター

4Kは諦めてリフレッシュレート120Hzにこだわった選択をするならこちらがおすすめです。
高解像度ではなく、速度の速いゲームや映像を楽しみたい場合におすすめです。

ASUS VG27AQ

型番VG27AQ
液晶パネルIPS
サイズ27型
解像度2560×1440(WQHD)
リフレッシュレート165Hz
応答速度1ms(GTG)

ASUS VG259Q

型番VG259Q
液晶パネルIPS
サイズ24.5型
解像度1920×1080(FullHD)
リフレッシュレート144Hz
応答速度1ms(MPRT)

LG 27GN750-B

型番27GN750-B
液晶パネルIPS
サイズ27型 16:9
解像度1920×1080(FullHD)
リフレッシュレート240Hz
応答速度1ms(GTG)

4K & 60Hz前後のおすすめモニター

今度はリフレッシュレートは普通で、4Kという高解像度にこだわった場合のおすすめモニターです。
速度よりも高解像度にこだわりたい場合におすすめのモニターです。

LG 32UL500-W

型番32UL500-W
液晶パネルVA
サイズ31.5型 16:9
解像度3840×2160(4K)
リフレッシュレート60Hz
応答速度4ms(GTG)

この記事をシェアする

  • Twitterにシェア
  • facebookにシェア
  • LINEにシェア
  • POCKETにシェア