すぐ作れる決済システムとしてストアーズが利用しやすい理由

WEB上で完結する決済システムを探しているなら、STORES(ストアーズ) が最適かもしれません。

決済だけできればいいという条件の場合、ゼウスなどの決済に特化したシステムを検討すると思います。
しかし、導入には審査などの手間があって時間がかかるし、必要な書類や新たに覚えることもあります。

もっと簡単で今日にも使い始められる決済システムを探しているなら、ストアーズが使える場合があります。

ECショップは商品を並べて販売するサイトだから目的が違う・機能が合わないと思うかもしれませんが、ストアーズはかなり柔軟な機能があり、色々な場面に使えます。

ストアーズがすぐに使い始められる決済システムとして適している理由をご紹介していきます。

STORES 公式サイト

数十分~1時間ぐらいで使用開始できる

ストアーズはメールアドレスさえあればすぐにECショップを開設できます。

待ち時間も無く、すぐに商品の出品から決済まで使用可能になります。
とにかく開設までの必要事項が少ないため手軽でスピーディーです。

ただし、クレジットカード決済を可能にするためには申請が必要で、2週間程度の期間が必要になります。

それ以外の決済方法はすぐに使えます。

決済方法が沢山ある

ストアーズで使える決済方法はこちらです。

  • クレジットカード(申請が必要)
  • コンビニ決済
  • 翌月後払い
  • PayPal
  • 銀行振込
  • キャリア決済
  • 楽天ペイ
  • Amazon Pay(申請が必要)

一般的なものは全てあると思います。
これらを全てストアーズのアカウントで一元管理できるのは非常に便利です。

商品が1つだけの場合を想定したレイアウトがある

ECサイトはオンラインショップですから、複数の商品が掲載してあるのが一般的です。

しかし、決済システムとして使いたい場合、商品は1つや2つの可能性があります。

複数の商品を掲載することが前提のページレイアウトに、商品を1つだけ掲載すると余白ばかりでバランスが悪く使いづらいページになります。

そこで、ストアーズには商品が1つだけの場合を想定したレイアウトがあるため、決済システムとして利用するときに商品数が少なくても自然なページが作れます。

出品形式にダウンロード販売と電子チケット販売がある

ダウンロード販売は出品時に商品となるデータ(写真素材など)をアップロードするもので、
購入者はそれをダウンロードできる形式です。

電子チケット販売はコンサートやイベントなどのチケット販売に適したもので、実際の紙が無い画面上のチケットを販売する形式です。

このどちらもが、決済システムとしてストアーズを使うときに便利です。

購入可能数を1つに限定できる

1回の購入決済で複数購入されると困るケースがあります。

例えばイベントの参加チケットを販売する際、参加者の名前を確実に把握したい場合があるとします。
そんな時、1回の購入決済で複数枚買えてしまうと、誰が参加するのか判らなくなってしまいます。
購入時の名前入力が1名分だからです。

ストアーズでは購入可能数の設定ができるので、それを1にすれば必ず参加者は1人1回購入決済することになります。
(もちろん同じ名前で何度も決済してしまうと)

シークレット機能(パスワード)がある

もしも、ある特定の人にだけ購入決済してほしい場合、ストアーズではECサイト自体にパスワードをかけるシークレット機能があります。

これを使い、対象者にだけパスワードと共にメール配信などでサイトURLを送れば、限定的な決済システムとして使うことができます。

顧客・オーダー・問い合わせの管理がしやすい

ストアーズはインターフェイス(画面デザイン)がシンプルで使いやすいです。

そのため、顧客やオーダー、問い合わせの管理画面も使いやすく、それぞのオーダーの支払い状況なども一目でわかります。

告知機能が優れている

購入者に注意してほしい点があるとします。
例えば、決済時の備考欄に書いてほしい内容がある場合などです。

そんな時、ストアーズの告知ボード機能を使えばサイトにアクセスするとまずその告知がポップアップで表示されるようになります。

また、サイトトップページや商品詳細ページにもテキストや画像を掲載できるため、色々な部分に重要な情報を掲載できます。

決済手数料は3.6%か5%

ストアーズの決済手数料は、フリープランなら5%、スタンダードプラン3.6%です。

フリープランは月額料金はかかりませんが、スタンダードプランは月額1980円です。

月額を払えば決済手数料が低くなる仕組みですが、どちらが得になるかのボーダーラインは月々の売上が20万円を超えるかどうかです。

20万円を超えるなら有料のスタンダードプランの方がお得です。

まとめ

そもそもECシステム=決済システムでもあるので、ストアーズを決済システムとして使うという言い方に違和感があるかもしれません。

ECサイトを作りたいのではなく決済システムを使いたいと考えている場合に、ストアーズが使えるかもしれない、というお話でした。

ストアーズの優れている点をまとめると、次のようなことが言えます。

  • すぐに使い始められる
  • インターフェイス(管理画面)が使いやすい
  • サイトや商品に気の利いた機能が沢山ある

無料で始められるので、是非お試しください。

STORES 公式サイト

この記事をシェアする

  • Twitterにシェア
  • facebookにシェア
  • LINEにシェア
  • POCKETにシェア